ポリネシアを食べる!

サモアの丸いパンケーキ(サーターアンダギー!?)

サモアの丸いホットケーキ
今日はサモア流の朝食の料理を紹介したいと思います。素晴らしい1日を始めるにあたり、ブリトーやオムレツ、フレンチトーストといった料理は数多くある朝食メニューの中で最も良い代表的なものです。ベーコン や、ハッシュドポテト、スムージー、ベーグル、クレープ、ヨーグルト、は良い朝を迎えるのに最適です。バターを塗ったパンケーキは嫌いな人はいないと思います。パンケーキこそが、今日のレシピです。


これまでに、もっと美味しくパンケーキをいただく方法がないのか、と思った事はありませんか?パンケーキは、ブルーベリーや、バナナ、チョコレートチップといった物を添えるなどして、アレンジができる素晴らしい料理です。パニケケという料理を聞いたことがありますか?サモアのホットケーキ、パニケケ、は見た目がまさに沖縄のサーターアンダギーに似ています。果物やジャム、ヌテラ(チョコ)、シロップ、ホイップクリームといった食材とよく合います。

パニケケ
材料:

  • 小麦粉:2カップ
  • ベーキングパウダー:大さじ2杯
  • 砂糖:半カップ
  • 塩:少々
  • 卵:一個
  • 牛乳:半カップ
  • 揚げ油

作り方
1、揚げ油を中火(約175℃)で温めます。
2、小麦粉とベーキングパウダー、砂糖、塩をふるいにかけ、混ぜ合わせます。
3、牛乳と卵を加えます。
4、厚い衣がつくように、2,と3を十分な量の水とともに混ぜ合わせます。
5、大さじ一杯分の生地を取り、揚げ油の中に入れます。
6、表面が程よい茶色になるまで3~5分ほど揚げ続けます。

その他のアドバイス

  • 3~5個一度に同じ鍋で揚げることが出来ます。
  • 油の量は、ホットケーキの生地がすべておさまるくらいあれば十分です
  • 油が適切な温度であれば、パニケケの生地は自然と丸みがつくでしょう。
  • 油の温度が熱い場合、中まで火が通らずに外側だけが揚がってしまいます。

その他のアイデア
生地を油に入れる前に、大さじ一杯分のバニラや潰したバナナを生地に入れるなどして、味の変化を楽しむことも出来ます。ご自由に味付けを楽しんでください。

英語ですが、作り方の動画です。↓

関連記事

  1. ポリネシアを食べる!

    ココナッツの果肉のとり方

    たくさんの方々からサモア村で行われるショーが楽しかった、というお言葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 2019.07.23

    モアイ像

最近の記事

  1. ポリネシアカルチャーセンターで暑さをしのぐ5つの方法
  2. オアフ島ノースショアのおすすめハイキングトップ5
  3. 2019年ファイヤーナイフダンス世界大会、ペネッサ・ファラニ…
  4. モアイ像
  5. オハナ=家族
  1. ポリネシアを食べる!

    ココナッツの果肉のとり方
  2. ポリネシアカルチャー

    タ・モコ:マオリの伝統タトゥー
  3. ポリネシアを食べる!

    サモアの丸いパンケーキ(サーターアンダギー!?)
  4. ポリネシアカルチャー

    オハナ=家族
  5. 最新ニュース

    2019年ファイヤーナイフダンス世界大会、ペネッサ・ファラニコ優勝
PAGE TOP