最新ニュース

ラグーンからの「金」の贈り物

ラグーンはPCCの最大の特徴であり、大規模なデトックスが必要でした。ココナッツの木が生えた綺麗な風景からは考えられないですが、ラグーンの底にはヘドロが溜まっていたそうな、、、ラグーンの底から全てのヘドロをどのように処理しましょうか?もちろんリサイクルです!自然の肥料として最適で、植物の成長を促します。

こんな感じでヘドロを再利用してます。ラグーンの水を抜いて底を乾燥させています。

ココナッツツリーや竹の肥料として使われています。

Lagoon 3

これはタロ芋です。Lagoon 4

Lagoon 5

Lagoon 6

いろいろなエリアからヘドロを集めるのは中々骨の折れる作業だったそうです。Lagoon 7

時間とともに、ヘドロはラグーンの底に溜まってしまいます。Lagoon 8

こんな長期の休園でも無ければこういった作業はできませんでした。今センターの一部の従業員達は、開園中の仕事とは違った仕事に従事している人が多い状態です。多くの従業員がセンターの工事に携わっています。一度来たことのある方は、こんなところが新しくなってる、と気づいてもらえたら嬉しいです。

新規感染者が0人と報告された日もいくつかあるようです。ショッピングモールなども再オープンしているので、センターが開園する日も近いとは思います。

関連記事

  1. ポリネシアカルチャー

    モアニケアラ・フラ・フェスティバル2019

    モアニケアラ・フラ・フェスティバル2019-祝典と学びの1週…

  2. 最新ニュース

    先の見えない時期に道を切り開くポリネシア・カルチャー・センター

    先の見えない時期に道を切り開くポリネシア・カルチャー・センター。…

  3. PCCスタッフ

    コロナ禍の閉園中に仕事への思いを語る学生スタッフ

    学生スタッフがアロハスピリットや友情の思い出を語るポリネシア…

  4. 最新ニュース

    フキラウ・マーケットプレイスのクリスマス2019

    フキラウ・マーケットプレイスの楽しさあふれるファミリー・クリスマスに…

  5. ポリネシアカルチャー

    ポリネシアの彫刻家たち:有り余るほどの祝福

    ポリネシアの彫刻家たち-ベテランの彫刻家の1人である、レイモンド・モ…

  6. 最新ニュース

    コロナ禍の卒業式—ポリネシア・カルチャー・センター・スタイル

    ブリガム・ヤング大学ハワイ校(BYUH)の学期が終わりを迎えました。…

おすすめ記事

  1. 2019.07.23

    モアイ像

最近の記事

  1. ポリネシア・カルチャー・センターは2021年1月18日にオー…
  2. ポリネシアの彫刻家たち:有り余るほどの祝福
  3. コロナ禍の閉園中に仕事への思いを語る学生スタッフ
  4. コロナ禍の中で感じるアロハスピリット
  5. パイナップル・サルサ
  1. ポリネシアを食べる!

    ポケ−シンプル・新鮮・アロハスピリットあふれる一品
  2. ポリネシアカルチャー

    フィジーの伝統の踊り・メケ
  3. ポリネシアを食べる!

    サモアの丸いパンケーキ・パニケケ(サーターアンダギー!?)
  4. ポリネシアを食べる!

    アッチャラ−グリーンパパイアのピクルス
  5. ポリネシアカルチャー

    家族への献身を表すトンガのことわざ
PAGE TOP