ハワイトラベル情報

エレファント・シャック


ノースショアで長年親しまれてきたエレファント・シャック・フードトラックでは、タイ料理ファンのリピーターが絶えません! ポリネシア・カルチャー・センターのフキラウ・マーケットプレイスに2018年10月16日に場所を移し、リニューアル・オープンしたお店です。

風味豊かなハーモニー 

 タイ料理は、新鮮な野菜、ハーブ、細切り肉、ココナッツクリームといった様々な食材を、絶妙なバランスで調和させていることは、世界に知られています。時には、料理にスパイスを加えますが、食欲をそそるようなピリッとする程度の辛味から、火を吹くような激辛味まで、リクエストに応じて調整してくれます。 エレファント・シャック店長のメム・ ナナファットは、タイ北東部のチェンマイ出身です。約5年間、ハワイで料理人として働いてきた経験を生かし、いつでも喜んでお客様のお好みの辛さに調整します。
 「マイルドな味から激辛味まで、臨機応変に対応致します。」とメムは言います。
 故郷タイで料理学校を卒業し、地元でシェフとして働いていたメムは、「小さな頃から母の料理の手伝いをしていたので、人生のおよそ半分はタイ料理を作っていたようなものです。料理が大好きです。」と言います。
 タイ料理になじみがない人のために、彼女は次のように説明しました。「タイ料理は、新鮮な野菜をたくさん使い、化学調味料を使いません。それに、とても風味豊かですので、ベジタリアンやヴィーガンの方にとって、タイ料理は味覚も満足させる選択肢となります。」

注意:今すぐタイ料理が食べたくなります

 現在、エレファント・シャックは、11品目のメインディッシュを提供しています。この記事を読み進めると思わずよだれが出そうになるかもしれません。
 メニューには、定番人気のパッタイ(タイのライスヌードルに、お好みの肉または豆腐を入れて炒め、ローストピーナッツ、コリアンダー、もやしを添えた料理)とパナンカレーが人気です。パナンカレーとは、ココナッツクリームで煮込んだレッドカレーです。油を使用せずに調理します。生姜で味付けし、お好みでお選びいただけるお肉または豆腐をトッピングします。ジャスミンライスの上にかけていただきます。

 他の人気料理の中には、ラーブ・ガイがあります。中華鍋で炒めた鶏ひき肉に、タイ北部の柑橘ソース、コリアンダー、レモングラス、ミント、赤玉ねぎ、カオ・クアで味付けし、混ぜ合わせた料理です。ジャスミンライスの上にかけていただきます。加えて、グン・ナムプリックパオ(エビを秘伝のソースで調理し、タイのバジルと赤玉ねぎを添え、ジャスミンライスにかけていただく料理)も人気です。
 ヴィーガンとベジタリアンの方々にもご満足いただけるメニューが多数あります!  

こちらをクリックしていただくと、メニューをご覧いただけます。(英語です。)

 メムは次のように述べました。「タイ料理に慣れていない場合は、パッタイかパナンカレーをお勧めします。エレファント・シャックでは、オリジナルのタイ料理をお届けしています。お出しする品は全てご注文の後に作り始めますので、作りたてで新鮮ですよ。」

関連記事

  1. ポリネシアカルチャー

    タ・モコ:マオリの伝統タトゥー

    ニュージーランドの小説家ケリ・フルメが書いた本、「ボーンピープル」、…

  2. ポリネシアカルチャー

    フィジーの伝説:ヴァトゥレレの赤いエビ

     この伝説には、様々なバージョンがあります。当記事で述べられている伝…

  3. ポリネシアカルチャー

    オハナ=家族

    ハワイでは、家族以上に愛を反映するものはありませんハワイ…

  4. ポリネシアカルチャー

    ポリネシアの彫刻家たち:有り余るほどの祝福

    ポリネシアの彫刻家たち-ベテランの彫刻家の1人である、レイモンド・モ…

  5. ポリネシアカルチャー

    タヒチ:ティアレの花の伝説

    格調高いティアレの花についてお話しさせてください。ティアレ・タヒチと…

  6. ポリネシアカルチャー

    マオリの伝説:キウィバードが翼を失った理由

    ニュージーランドの国のシンボルはキウィバードです。国の切手のイラスト…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ポリネシアの彫刻家たち:有り余るほどの祝福
  2. コロナ禍の閉園中に仕事への思いを語る学生スタッフ
  3. コロナ禍の中で感じるアロハスピリット
  4. パイナップル・サルサ
  5. コロナ禍の卒業式—ポリネシア・カルチャー・センタ…
  1. 最新ニュース

    ホリデーシーズンに寄付用自動販売機(Giving Machine)を設置
  2. 最新ニュース

    ラグーンからの「金」の贈り物
  3. ポリネシアを食べる!

    ウルチップス
  4. ポリネシアカルチャー

    モアニケアラ・フラ・フェスティバル2019
  5. ポリネシアを食べる!

    サモアの丸いパンケーキ・パニケケ(サーターアンダギー!?)
PAGE TOP