ポリネシアを食べる!

本場ハワイのスパムむすびの作り方

ロコが作っているスパムむすびをマスターしましょう!

 スパム-あのちょっと変わった肉の塊が入っている缶詰-をスーパーで見かけることも多くなってきましたね。ハワイでは、スパムは人気があり過ぎて、何とスーパーへ行くと鍵のついた棚に陳列されている所もあるそうです(あくまで一部の店です)。こんなに愛されている食べ物が、ロコの大好きなむすびの具になっているのは当然のことでしょう。 

 「MUSUBI」という言葉は、日本の「おむすび」に由来しています。実は、日系ロコのバーバラ・フナムラという女性が、スパムむすびを考案し、ハワイに普及させた人物です。 ポリネシア・カルチャー・センターのスタッフであるレベッカ・サバローンズの簡単で楽しく作れるスパムむすびのレシピを皆さまにお教えします。スパムむすびがなぜこんなに人の心をときめかせるのか、しばし思いを馳せてみてくださいね。

shop.polynesia.comで販売中のマカデミアナッツ・オイルはいかがですか。

スパムむすび

(8-10個分) 調理時間:40分

材料

お米 2カップ

SPAM 1缶

焼き海苔 10枚(半切)

ふりかけ 大さじ2(お好みで)

タレ

マカデミアナッツ・オイル(なければサラダ油)小さじ1

醤油 1/3 カップ

砂糖 大さじ2

米酢または白酢 1/4カップ

炒ったセサミシード 大さじ1(お好みで)

お急ぎの場合は、タレなしでスパムを焼いても構いません。お弁当やピクニックにもピッタリです! 写真提供: Armadillo Pepper
ホノルルにあるハワイのおむすび専門店・いやす夢を参考に、アボカド、卵、鰻など、お好きな具材をトッピングするのもオススメです。写真提供:Jen Balisi of @indulgentEats

作り方:

  1. ご飯を炊きます。ご飯は若干粘り気のあるものが良いでしょう。ご飯が固くなりすぎないようにしましょう。
  2. スパムを縦に5ミリくらいの厚さに切ります。(8-10枚くらい)
  3. スパムをフライパンで両側に軽く焦げ目が付くまで焼きます。スパムをフライパンから取り出し、油を拭き取ります。
  4. 同じフライパンにオイル、醤油、酢、砂糖、セサミシードをを入れ混ぜます。タレにとろみが出てきたら、弱火にします。
  5. タレにとろみがついたら、スパムをフライパンに戻し、タレと絡めます。火を止めます。
  6. 炊き立てのご飯を8-10等分し、スパムむすび型に同じ量になるように入れるか、22cmx33cmのオーブン皿等にご飯を入れます。(ご飯の厚さが、スパムの2倍の厚さになるようにします。お好みに応じて調整してください。)スパムむすび型かヘラでご飯をプレスします。
  7. お好みの量のふりかけをかけ、余っているタレを少々かけます。
  8. プレスしたご飯の上にスライスしたスパムを載せ、もう一度プレスします。ご飯を切り分け、オーブン皿から出すか、スパムむすびメーカーから出します。むすびの真ん中あたりに焼き海苔を巻き付けます。

オマケ:焼き海苔を巻きつける前に、焼いた卵をスパムの上に乗せても美味しいですよ!できたてをすぐに食べても美味。ラップで包んでおいて後で食べることも可能です。(ビーチに持って行きましょう!)

ヒント:スパムむすびは冷凍保存も可能です。外出先で温め直しておやつや軽食にどうぞ。

関連記事

  1. ポリネシアを食べる!

    ポリネシアのデザート パニポポを作る

    パニポポ(ココナッツの丸パン)は、サモアの料理です。 「パニ」がパン…

  2. ポリネシアを食べる!

    ポケ−シンプル・新鮮・アロハスピリットあふれる一品

    ポケーシンプル・新鮮・アロハスピリットあふれる一品パウンダー…

  3. ポリネシアを食べる!

    ウォーターメロン・オタイ

    写真提供:www.ilovecoconutcream.com…

  4. ポリネシアを食べる!

    ロミロミサーモン

    https://www.youtube.com/watch?v=5…

  5. ポリネシアを食べる!

    マンゴー・オタイ

    グラスに注がれたマンゴー・オタイ。見た目も涼しげで食欲をそそります。…

  6. ポリネシアを食べる!

    ココナッツの果肉のとり方

    たくさんの方々からサモア村で行われるショーが楽しかった、というお言葉…

おすすめ記事

最近の記事

  1. パウンダーズ・レストラン再オープン
  2. フキラウ・マーケットプレイス再オープン!
  3. ロミロミサーモン
  4. ココナッツミルク入りパンプキンスープ
  5. 1分間インタビュー:カルチャープレゼンテーション部長 デルサ…
  1. ポリネシアを食べる!

    ポケ−シンプル・新鮮・アロハスピリットあふれる一品
  2. ハワイトラベル情報

    パラダイスに馴染むファッション
  3. ポリネシアを食べる!

    ウォーターメロン・オタイ
  4. ポリネシアカルチャー

    ポリネシアの象徴主義
  5. ハワイトラベル情報

    ポリネシアカルチャーセンターで暑さをしのぐ5つの方法
PAGE TOP