インフォメーション

ポリネシア・カルチャー・センター概要

ポリネシア・カルチャー・センターは東京ドーム約3個分の広さに、6つの村と2つの展示でポリネシアの伝統音楽やダンス、ゲームなどを体験できるテーマパークです。

General Information

ポリネシア・カルチャー・センターは、オアフ島の北部ノースショアにある町、ライエにあり、ワイキキから約70分の距離です。開園時間は毎日曜、感謝祭、クリスマスを除く毎日、午後12時から21時までです。

ハワイ州政府が行ったリサーチで、ポリネシア・カルチャー・センターは1977年以来、ハワイで最も人気のある有料アトラクションに挙げられています。また、読者が選ぶ「ホノルル・マガジン」誌のベスト・オブ・ホノルル2012では、「ベスト・ファミリー・アトラクション」に選ばれました。

末日聖徒イエス・キリスト教会の協力で、ポリネシアの文化を保存し、再現するのと同時に隣接するブリガム・ヤング大学ハワイ校の生徒への奨学金、そして仕事の場を与えることを目的としてポリネシア・カルチャー・センターは1963年に設立され、2013年に創立50周年を迎えます。

ポリネシア・カルチャー・センターの社員約1,000名のうち750名は世界70カ国から、そしてほとんどのアメリカの州から来た学生で構成されています。

新しいイブニングショー、「ハァ:ブレス・オブ・ライフ」はハワイのなかでも未だかつて見た事のない新風をポリネシア・カルチャー・センターのパシフィック・シアターに送ります。この300万ドルかけて創り上げられたショーは、新しいテクノロジーを駆使し観客の目を楽しませます。

おなじみのカヌーショー、「レインボー・オブ・パラダイス」は一年を通して、閉園日を除く毎日上演しております。

Physical Facilities

ポリネシア・カルチャー・センターでは、5万坪の敷地に6つのポリネシアを代表する島々――サモア、アオテアロア(ニュージーランド)、フィジー、ハワイ、タヒチ、トンガ――が美しい島の植物と共に再現され、ポリネシア出身の若者が皆様のお越しをお待ちしております。

偉大なるラパ・ヌイ(イースター島)のモアイ像やマーケサスの島の様子が展示されています。

2008年、ライエの町で彫り上げられた木造のハワイアン航海用カヌー イオセパ号は、隣接するブリガム・ヤング大学が航海実践授業で利用される時以外は、ハワイ村のイオセパ展示場、ハーラウ・ヴァア・オ・イオセパ (Halau Wa’a O Iosepa)にてご覧いただけます。

2003年にはモアイ像、家屋、ラパ・ヌイの生活様式を含む展示、そして正面入口にはポリネシア・カルチャー・センターでご覧いただける全てのポリネシアの文化を代表する島からの美術品やポリネシアの航海カヌーのレプリカ、そしてルアウ会場であるハレ・アロハの改築を行いました。

センター内のゲートウェイ・レストランは、2011年11月に約1,100万ドルをかけた改装が終了し、グランドオープンしました。合計28のビュッフェトレーを並べることができるビュッフェラインと748名が着席可能な広さがあります。レストラン内部の壁にはハワイ王族がハワイに移民してきた人々の訪れを歓迎しているシーンや、ポリネシア各国の民族が描かれています。また、グランドオープンに併せて、ポリネシアの国々のメニューも新たに追加しました。

イリマ賞を獲得したアリイ・ルアウは、ハワイの伝統的なルアウの食事とエンターテイメントをお楽しみいただけるだけでなく、まるでかつてのハワイの王族の宴会に迷い込んだような感覚をお楽しみいただけます。

センターの中心を流れるラグーンでは、休園日を除く毎日午後2時30分より「レインボー・オブ・パラダイス カヌーパージェント」が行われます。その国・地域独特の音楽や歌、ダンスでそれぞれの文化の違いをお楽しみいただけます。

ポリネシア・カルチャー・センターの夜のショー「ハァ:ブレス・オブ・ライフ」は100名以上ものキャストでおくる、見どころ豊富な90分、世界最大のポリネシアンショーです。2,675名収容可能な階段状のパシフィック・シアターでは、観客はパフォーマーを近くに感じ、ショーに引き込まれて行く事でしょう。ステージの場面の移り変わりをアニメーションで表現し、日本語しか分からないお客様にもお楽しみいただける工夫が織り込まれています。また、舞台効果として噴火する火山、巨大な滝、噴水などお楽しみください。

センター内の各村に設置されているギフトショップやパシフィック・シアターの横に建てられたショッピングエリア「トレジャーズ・オブ・ポリネシア」では、センター内で作られた手作りのクラフト類や南大平洋の島々から輸入された珍しい小物などをご購入いただけます。また、今年末にはセンターの駐車場側へ移動し、エリアも拡張される予定です。