ハワイで唯一の
水上カヌーショー
がリニューアル!

HUKI Where the islands meet

新カヌー・ショー「HUKI」とは

最新のカヌーショーには、数多くのカヌーが一度に使用されます。最大で7つもの大きなカヌー上で、1艘あたり6~7人のダンサーが踊ります。全体の人数はイブニング・ショー「HA:ブレス・オブ・ライフ」よりも多いと言われ、120名以上が関わっています。PCCの専属のミュージシャンや振付師、衣装のスペシャリストが一丸となって作り上げ、印象に残る音楽や衣装は必ず良い旅行の思い出となるでしょう。
ショーの中で印象的なのは、私たちは皆家族である、というところを強調している点です。最後の曲では、「One Ohana Sharing Aloha」という歌詞があります。これはPCCのスローガンでもあり、「一つの家族がアロハをシェアする」という意味です。一人一人がこのスローガンを理解し、ゲストをもてなします。ワイキキでは味わうことのできないスケールと楽しさは、ここPCCでしか体験できません。

ストーリー

「HUKI」では、ポリネシアの島々が統一されていったことを、ドラムや歌、そして素敵な衣装で表現しています。ストーリーを通して、ポリネシアの島々は海によって隔てられたのではなく、一つとなっていったことを語っています。島ごとに争いもありますが、結婚もあります。文化を超えた一致の歴史をショーの中で垣間見ることができます。
ハワイ語のHUKIは、「引っ張る」という意味です。最初のシーンでは、ポリネシアの神話に出てくるマウイが、島々を引っ張るところから始まります。他には、PCCがある町、または世界的に有名なビーチ、フキラウビーチがある、ライエの歴史を紹介します。1940年、50年代に、旅行者がフキラウビーチまで来て、地元民によるルアウパーティーやフキラウ漁(地引網漁)を見に来ていました。PCCではポリネシアの伝統文化を披露するだけでなく、どのようにポリネシア文化が変わっていったかというのも、このショーで感じることができます。

「HUKI」の見所

マウイが島を引く

ポリネシアの神話にある「マウイが島を釣りあげる」を題材にした壮大な演出。

ポリネシアの歴史

戦争や交易、結婚などが島々を通して行われてきた出来事を知る。

PCCの成り立ち

フキラウというビーチでルアウを始めて、火事で燃えた教会再建からPCCの始まりました。

青の世界

最後のシーンでは青一色の素敵な世界。
海は島々を隔ててきたのではなく、一つにしてきました。

HUKIを最大限に楽しむ2大パッケージツアー

スーパー・アンバサダー

スーパーアンバサダーでは、
HUKI鑑賞用の特別席が準備されているため、
混雑も心配せずにご覧いただけます。
ぎりぎりまで村のショーや
アクティビティを楽しむことができます。 ※1日2組限定のパッケージです。 限定1日2組のご予約はこちら

サークルアイランド・アンバサダー・デラックス

このパッケージでは、午前中にオアフ島の
観光名所を巡った後、
お昼からPCCに到着します。
通常のデイパッケージよりも早くPCCに着くので、
スーパーアンバサダーのように、
特別席の用意はありませんが、
HUKIを比較的良い場所で見ることができます。 ツアーのご予約はこちら ツアー詳細について