fbpx  

テ・マナフア(マオリ・ソング&ダンス・フェスティバル)(8月)

マオリ族の歌とダンスのコンペティションは、独特の歌と魂が込められたチャント、そしてマオリの戦士が敵を威嚇する伝統的な舞「ハカ」や女性によるポイボールを使ったダンスを競います。
本場ニュージーランドやオアフ島、カウアイ島などからポリネシア・カルチャー・センターに集まり、毎年8月にマオリ族の伝統的な舞が競われます。2012年は、初日の8月2日は、古代兵士が戦う前に力を誇示し相手を威嚇する舞であった勇壮な「ハカ」と紐の先にボールを付けてくるくると回転させて踊るポイのコンペティション「ハカ・ハード」と「ポイ・エ」が開催されました。「ハカ・ハード」は衣装、舞台での存在感、パフォーマンスを通して呼び起こされる感情とエネルギー、正確さ・見栄えなどで審査されます。また「ポイ・エ」は1組5名までの団体で5分以内のポイのパフォーマンスを行い、衣装、存在感、見栄え、歌とハーモニー、歌詞の理解度と描写を元に判断されます。
ハワイ中から集まったタヒチアン・ダンサー達は、ソロ部門、グループ部門などでその技を競います。
2015年は開催いたしません。

2009年のテ・マナフア(マウ・ラカウ)(1分28秒)

ポリネシア・カルチャー・センターとして、トンガでの大規模な噴火につきまして被害に遭われた方々が1日でも早く通常の生活へ戻ることができるよう心からお祈り申し上げます。センターにも数多くのトンガ出身の従業員がいますが、彼らのご家族やご友人が無事であることを願っております。皆様一人一人におきましても、さまざまな形での支援をお願いさせていただければ幸いです。