ポリネシアの村々

フィジーについて

フィジーについて

フィジーは、あたかもコロ海を抱きかかえるかのように、322の島々が、青い太平洋に蹄鉄のような形に散在している、ポリネシアに面したメラネシアの独立国です。

古代のフィジーの人々はポリネシアにはなかった陶器を使っていたことが知られています。ラピタ陶器の破片から、考古学者はフィジーへのラピタ人と呼ばれる人々の到来は、紀元前1500年頃だと推定しました。フィージー民族は優れた船乗りで、建築にも秀で、その上、ヤシの葉や、組縄を編む技術にも優れていて、古くからポリネシア各地との往来も多くありました。西暦1643年以来300年間に渡り、ヨーロッパ人はフィジー諸島を次から次へと発見していきました。

ブラ・ヴィナカ - フィジー村へようこそ

高い、茅ぶきの優美なフィジーの建物はプレ・カロウと呼ばれ、青空にそびえ、センターのどこからでもすぐに見つける事ができます。この建物を目標に近づき、橋を渡るとすぐそこにフィジーの村があります。そこには、いかつい風貌ですが実は親しみのあるフィージーの戦士が、訪問客を快く歓迎してくれます。訪問者はフィジーの人達の家に招き入れられます。その家は住居と、会合の場、仕事場、ユニークな隠居所をも兼ねています。酋長の家には、その屋根にコヤス貝が付けられていて、他の建築物との違いをはっきり見せています。毎日午後、学生たちが貴族、戦士、一般人などの伝統的な衣装を着けてファッション・ショーを披露します。ラグーンのそばでは縄つくりの職人が、ヤシの丈夫な繊維を使って太古からの技術で縄をなっています。この種の縄で船の帆を縛ったり、魚を捕ったり、カヌーを結びつけたり、材木を縛り付けて家を建てたのです。ポリネシア・カルチャー・センターは縄つくりの名人をフィージーから迎え、合成繊維の紹介によって消えつつある文化を保存するために、若者たちにその技術を教えています。 fiji01
fiji2 fiji02 fiji_temple

フィジー村のイベント・スケジュール

竹の楽器やタトゥー(洗い流せます)、竹のいかだを体験できます。

ショーの開始時間 12:30, 13:30, 15:30, 16:00