ポリネシアの村々

サモアについて

サモアについて

最初の海洋冒険者がサモア諸島に到着し、ポリネシア民族として文化を持つようになったのは紀元前1000年頃だと言われています。彼らは、サモアから更にタヒチ、マーケサスに航海して行きました。

ファア・サモアと呼ばれるサモア民族の生活のあり方は、近代化の圧力を受け、その国が二つに分かれた現在でも、なお強く社会生活の中に生きています。

1909年、アメリカ合衆国とサモア高等酋長達との間で条約がかわされ、サモア諸島の一部はアメリカン・サモアと呼ばれる、アメリカ領となりました。隣接するサモア(旧西サモア)は独立した国ですが、国境線にこだわりなく互いに友好的で、親族が両国を行き来しています。

タロファ -サモア村へようこそ

サモア村では、今日では知る必要もないでしょうが木片を擦り合わせ火を点ける方法など、村民のユーモアを交えたショーでご覧いただけます。あなたもきっと人類の根本的で革命的な発見に魅了されることでしょう。サモア村で皆さんを引きつけるのは、火そのものではなく、ショーの演出ではありますが。サモア民族のように素早くヤシの木に登れる人は、まず他にはいないでしょう。元気いっぱい声を張り上げ、ユーモラスでエネルギーに満ちた若者が、ラバラバを腰につけ、まるで砂場で遊んでいるかのように、40フィートもあるヤシの木に軽々と登ります。木の上でココナッツの実と共に写真のポーズにも応じますのでおしみない拍手をどうぞ。ポリネシア・カルチャー・センターのツアーを、サモア村から始められるお客様は、ココナッツの葉でサンバイザー編みを体験したり、ココナッツのミルクとココナッツのジュースの違いも習う事ができます。もちろん、そのおいしい果汁も試飲できます。 c2_01_villages_samoa_01

サモア村のイベント・スケジュール

サモア村では、ファイヤナイフやラウハラ編み、ヤシの木登りの実演をご覧ください。

ショーの開始時間 12:30 13:30 14:30(カヌーショー) 15:05 16:00 16:30