ポリネシアの村々

マーケサスについて

マーケサスについて

未開発で、もの寂しい10余の島々、ヌクヒヴァ島、ウア・フカ島、ヒヴァ・オア島などには、波が押し寄せ、風が吹き荒れています。この諸島の内6つの島に人が住んでいます。

マーケサスの険しい渓谷と荒々しい海に囲まれた古代の民族は、妬み深く好戦的な人達の住む小さな島国を築き上げました。

しかし、マーケサス民族の木工美術は非常に魅力的です。器やうちわの柄、堅い木の細部までデザインで装飾された戦闘用の棍棒、印象的なティキなどの木彫りの美術を残しています。

カ・オハ - マーケサス村へようこそ

失われた文化は今ここに復活したのです。センターの学生達は過去の記録を研究し、老人達に古い時代の生活について聞いたりマーケサス文化の保存に努め、現在印象的なサンゴを材料に使った建造物などが展示されています。

タトゥー(入墨)という言葉は、もともとポリネシアの言葉が語源です。マーケサスの入れ墨は消すことのできない植物性の染料を使い、肌に複雑な模様を彫り込みます。男性は15才から20才、女性は7才から12才ごろに入れ墨をすることになっていたそうです。